ハウステンボス30周特設サイト

「ハウステンボスのバラ」画・名嘉睦稔


沖縄の風景や自然や花々、
人々や海、光―。
どこか神秘性や湧き上がるエネルギーを感じさせる約90点もの作品が
今、目の前に。
沖縄を代表する木版画家 名嘉睦稔が手掛ける作品で、「花」と「光」を
楽しみませんか。



見どころHighlights

「ハウステンボスのチューリップ」

「ハウステンボスのバラ」

「歓喜」

「万華祝砲」

初公開!

ハウステンボスがテーマの
新作描き下ろし

新作『ハウステンボスのチューリップ』、『ハウステンボスのバラ』など、ハウステンボスを描いた作品を初公開! そのほか「ひまわり」や「打ち上げ花火」など、ハウステンボスと関連深いテーマの作品も。


あわせて知りたい!

「裏手彩色」ボクネンは、直感的に降りてくるインスピレーションを形にして勢いよく彫り進めた後に、刷り出した版画の裏側から色を載せる「裏手彩色」と呼ばれる技法を巧みに使用。鮮やかな配色を特徴とした作品を多数世に送り出しています。


注目作品Feature


「大礁円環」

長さ11m!

人々を魅了する圧巻の大作

描かれているのは、ボクネン自身が子供のころに見た豊かな沖縄の海に広がる世界。満潮時に湧き出すようなサンゴ礁に集う魚たちの様子です。畳12枚分にも及ぶこの作品には、海に対するボクネンの深い愛情が込められています。

「花冠」

「ゆうな」

沖縄県外初展示!

繊細で美しい「おきなわのお嬢さん」シリーズ

沖縄女性の持つ美しき情緒をひたすら追い求めて生み出されたシリーズ。大胆な木版画の作風とは違う、線描画の美しさに思わず息をのむことでしょう。


あわせて知りたい!

「線描画」と「木版画」の違いボクネン曰く、線描画は彫刻に近い描き方。細かく彫り出すようにGペンを走らせ、重なる線の陰影によって絵を浮かび上がらせます。対して、木版画は偶然性を楽しむ描き方。その時々に浮かんだ気持ちや感覚を勢いよく版木にぶつけます。繊細で美しい線描画と力強い印象の木版画。それぞれの違いをぜひお楽しみください。


「赤い薔薇にしたわ」

「旅の夜空」

「部瀬名岬」

「あけもどろの花」




アーティストArtist

名嘉睦稔(なか・ぼくねん)

大自然にはぐくまれた豊かな感性を持つアーティスト。版画作品を「裏手彩色」と呼ばれる技法で創作する。彫刻、琉歌、作詞、作曲など様々な分野で才能を発揮し続けている。

2000年 
九州・沖縄サミット広報用の版画を制作
2007年 
文化庁文化交流使として韓国、スペイン、フランスでライブ制作
2008年・18年 
「国際サンゴ礁年」ポスターに作品提供
2015年 
「小学校図画工作3・4下」教科書に作品掲載
2016年 
中学校教科書「美術①」に作品掲載・・・等々


開催概要Outline

会場 ハウステンボス美術館(パレス ハウステンボス内)K-20
時間 9:00~18:00(最終受付17:30)
※営業時間に変更が発生する場合がございます。詳しくはこちらをご確認ください。
料金 パスポート対象施設
※パレス ハウステンボスだけの単独入館券は販売しておりません
主催 ハウステンボス
共催 長崎新聞社
後援 長崎県、長崎県教育委員会、佐賀県、佐賀県教育委員会、佐世保市、佐世保市教育委員会
制作協力 ボクネン美術館

名嘉ボクネン展限定
宮殿の沖縄グルメフェア

食べられるお花を使ったスイーツやドリンクで、沖縄らしい南国の雰囲気を存分に楽しめます。沖縄名物“サーターアンダギー”を使用したワンハンドグルメも登場!

期間/4/23-6/27
提供時間/9:00~18:00(LO17:00)
料金/南国パフェセット(紅茶付)1,500円、美ら海ノンアルカクテル ピンクレモネード 900円、美ら海ノンアルカクテル ブルーラテ 900円、TOGOサーターアンダギー 850円



※1992年オープン初期の様子

開業30周年記念として、ハウステンボスの歴史や懐かしの風景、お客様から募集したお写真の展示を行います。

詳しくはこちら



ハウステンボス公式アカウント


PageTop