© 2017 - Succession Pablo Picasso - SPDA(JAPAN)

© 2017 - Succession Pablo Picasso - SPDA(JAPAN)

19世紀後半、ヨーロッパ近代絵画の歴史に大きな転換をもたらした印象派以降のフランス絵画60点を展示。
20世紀の美術史に偉大な足跡を残したピカソをはじめ、ルオー、ブラマンク、ユトリロ、シャガール、ローランサン、キスリングなどの巨匠から、フランス美術の栄光を現代に継承しているビュッフェ、アイズビリ、カシニュールなどの人気作家の作品をお楽しみいただけます。

マリー・ローランサン
《犬を抱く少女》 1921年
ジョルジュ・ルオー
《告発されたピエロ》 1953-56年
モーリス・ユトリロ
《アトリエ座》 1925年
モイーズ・キスリング
《ジョゼット》 1934年

>

開催概要

会期 2017年9月9日(土)~11月13日(月) 
会場 パレス ハウステンボス
料金 大人700円、4歳~小学生500円
(パスポート・パスカードをお持ちの方は500円)
(年間パスポートをお持ちの方は無料。※10/7~11/5[花の世界大会開催中]500円)
主催 ハウステンボス
協力 山形美術館
企画協力 株式会社ホワイトインターナショナル

あわせてCheck!
日本最多1,100品種あじさい祭

6/3(土)~7/3(月)

花の妖精たちの世界に触れる展覧会 花の妖精たち

5/20(水)~7/3(月)

日本最多300品種ゆり祭

7/1(土)~7/17(月)

光きらめく夜景日本一の街光の街

5/8(月)~11/2(火)