ハウステンボス歌劇学院

第2期卒業生

円 悠Yū Madoka歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス 所属

学院で学んだ日々は私にとってかけがえのないものとなっています。

今振り返ると、同期が支えてくれたから、そして良きライバルとして日々切磋琢磨したからこそ、 今自分がここにいるのだと感じます。自分の信じる道を真っ直ぐ進む事ができたのは、ここでの出会いがあったからです。

皆さんも自分の信じる道『夢の扉』をここハウステンボス歌劇学院で開きましょう。

第3期卒業生

心愛 ららRara Kokoa歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス 所属

私は歌劇学院でたくさんの事を学び、そして舞台人としての基礎を学ばせて頂きました。 また、大切な同期との出逢い、大変な事も辛い事も楽しい事も日々乗り越え そして今の私があります。
この学院で学んだ事は舞台で生きる人として無くてはならないものだと思います。 私は学院出身の誇りを持ち舞台人として日々成長していきたいと思っております。

第3期卒業生

柊木 ちとせChitose Hīragi歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス 所属

私は、ハウステンボス歌劇学院第3期生として学べましたことを、心より誇りに思っております。
この学院生活を経て、舞台人としての基礎だけでなく、掛け替えのない仲間、
自分でも知らなかった自分に出会うことができました。

何度も壁にぶつかり、挫けそうになることもありましたが、
自分を信じて、仲間を信じて、大好きな歌劇の道を信じて、ここまで歩んで参りました。 舞台が大好きなあなたと、一緒に舞台に立てましたら心より嬉しく思います。

第3期卒業生

花 このみKonomi Hana歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス 所属

私は、ハウステンボス歌劇学院 第3期生として学院を卒業し、今舞台に立たせて頂き、 本当に幸せでございます。
『素晴らしい舞台人は素晴らしい人間であれ』
この理念を常に心に留め、 素晴らしい舞台人を目指し学院生活を送りました。
もちろん舞台に立たせて頂いている今もこの理念は大切にしております。
学院生活で身に付けた基礎、礼節、気力、体力、忍耐力、これが私にとって舞台人としての土台になっているんだと強く思います。
私たちを導いてくださる上級生の後に続き、大切な存在である同期と互いに高め合い、 自分を磨くことができる場所こそがハウステンボス歌劇学院だと確信しております。
世界へ羽ばたく歌劇団を目指し、私たちと共に歴史を創っていきませんか?

第3期卒業生

美歌 真凜Marin Miu歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス 所属

歌劇の世界に憧れて、ハウステンボス歌劇学院に入学致しました。
そこで同じ夢を持ち、どんなときも本気でぶつかり合える大好きな同期達と出会うことができました。
そして、その同期と研鑽を積んだ、厳しくも楽しい日々があるから、今の私があると思います。 舞台に立たせて頂く中でたくさんの課題はありますが、教えて頂く事全てが私の宝物です。
一人一人に理想とする歌劇人像があるからこそ、全力でチャレンジする大好きな同期たち。 そして、舞台に真っ直ぐ、自分に正直にと教えて下さる上級生の方々。 この奇跡のような出合いに感謝しながら、さらに精進して参ります。

第4期卒業生

一颯 湊Kanata Ibuki歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス 所属

『男役になりたい』という一心で、 ハウステンボス歌劇学院に入学致しました。 素敵な先生方から舞台人としての土台になる事を学び、 励まし合い切磋琢磨できる同期と共に過ごす学院生活は今、 舞台に立つ上で大事な糧となっております。
『舞台に立ちたい』素直で真っ直ぐなその想いが ハウステンボス歌劇学院に入学する為に1番大切な事です。
「素晴らしい人間」、「素晴らしい舞台人」になる為に自分自身を高める事ができ、 充実した日々を送る事ができます。
いつか一緒に舞台を作り上げる日を楽しみにしております。

PageTop