特別イベント

花のスペシャリスト直伝!
「バラの香り」がテーマのツアー&セミナーや
デモンストレーションを開催します。

講師来場日以外の日程は、ハウステンボスの植栽スタッフがツアー、セミナーを行います!

5/12(土)・13(日)

京成バラ園
ヘッドガーデナー
村上 敏

NHK「趣味の園芸」などTVでおなじみ。 バラと草花との混植デザイン・栽培法を研究・実践。 フレグランス製品の開発なども手掛ける。

ツアー 香りのラビリンスローズガイド
セミナー バラ、香りの迷宮、鍵の探り方
時間 ツアー/10:30~11:30
セミナー/15:00~16:00
5/14(月)・15(火)

Greem’s Garden店長 岡本 康志

国内外のブランドローズを中心に約650品種8000本を取り扱う店を構える。 外構工事にも独自の制作方法で取り組んでいる。

ツアー 激甘トークから辛口トークまでレア品種を探す探検ガイドツアー
セミナー ぼくらのオッペケペー撲滅大作戦
育て始めて2年目くらいからはじまる虫や菌との戦いに勝つための前準備など日にち指定によるわんぱく流ローズレシピ大公開
時間 ツアー/10:30~11:30
セミナー/15:00~16:00
5/19(土)

LIEBE-LIEBE代表 井上 博登

WAFA世界大会や NFD日本フラワーデザイン大賞など、 国内外で数々の受賞歴をもつフラワーデザイナー。
バラを使ったブーケのデモンストレーションを行います。制作したブーケは抽選でプレゼント!
※抽選券はスタート20分前より配布。数に限りがございます。

時間 13:00~、15:30~(各30分間)
5/20(日)・21(月)

New Roses編集長 玉置 一裕

「バラの美」や栽培法などを書籍やメディアで多数発信。

ツアー&セミナー バラの香りは一つじゃない!
ハーブの香り、フルーツの香り、「バラ」の香り。さまざまなバラの香りを実際に嗅いで、好みの「香りのバラ」をみつけましょう。
時間 10:30~11:30、15:00~16:00
5/21(月)・22(火)

ローズアドバイザー 有島 薫

鉢栽培を中心とした、手軽なバラ栽培をTV・講演会や書籍等で紹介中。

ツアー 香りのツアー
セミナー 香りのバラの紹介
時間 ツアー/10:30~11:30
セミナー/15:00~16:00
5/23(水)・24(木)

京都・洛西
まつおえんげい代表
松尾 正晃

植物生産歴40年。 あらゆる植物の生産経験を生かし、現在も草花や樹木まで育成栽培している。
※24日は午前中のみ

ツアー 香りのバラの楽しみと作り方
様々な姿のバラの香りを中心に紹介しながら、仕立て方や作り方を具体的に紹介します。
セミナー おススメの香りのバラの紹介と育て方のポイント
おススメの香りのバラを系統や樹形別に紹介しその魅力や特性、育て方を具体的にお話しします。
時間 ツアー/10:30~11:30
セミナー/15:00~16:00
※5/24はツアーのみ
5/25(金)・26(土)

京阪園芸(株)
薔薇ソムリエ
小山内 健

園芸雑誌・TVで活躍。 全国的に有名な「ローズソムリエ」。

ツアー 香りのツアー
セミナー 香りのバラの紹介
時間 ツアー/10:30~11:30
セミナー/15:00~16:00
※5/26は13:00~14:00
5/26(土)・27(日)

ローズスタイリスト 大野 耕生

愛称は「バラの貴公子」。 愛好家の裾野を広げるため「バラを取り入れたライフスタイル」の提唱に力をいれている。 TV・ラジオ出演や書籍執筆も多数。

ツアー ハウステンボスの薔薇を五感で愉しむ!
見て、触れて、香って…ハウステンボス内のバラ達の愉しみ方を伝えます!
セミナー 貴方好みの香りの薔薇を育てる
香りのいいバラ達を紹介して、上手に育てる Essence を伝えます。
時間 ツアー/10:30~11:30
セミナー/15:00~16:00
※5/26は13:00~14:00

ワークショップ&ローズマーケット

癒しのフラワーインテリアを作ろう!ハーバリウムワークショップ

インテリア雑貨として今大人気のハーバリウムを作成してお持ち帰りいただけるワークショップ。

※画像はイメージです。

日程 5/12、13、19、20、26、27、6/2、3
時間 12:30~13:30、15:30~17:00
1日2回開催
場所 アートガーデン
料金 2,000円(税込・材料費込)

専門家がコツを伝授バラの寄せ植えセミナー

バラをメインに簡単に作ることができる寄せ植えの実演を行います。

日程 毎日開催
場所 アートガーデン
時間 13:00~13:30

詰め放題! ミニバラいれちゃえセール!

指定の袋に入るだけお持ち帰りいただける毎年大人気のミニバラいれちゃえセール。

※画像は昨年のローズマーケットです。

日程 6/1~3
時間 9:00~21:00
場所 アートガーデン内ローズマーケット受付
料金 小袋500円、中袋1000円、大袋2000円

好きなバラを持って帰ろう!バラ摘み取りセール!

グランドローズガーデンに咲いているバラをご自身で摘み取ってお持ち帰りいただけます。

※画像はイメージです。

日程 6/1~3
時間 11:00~12:30(最終受付12:30)
15:30~17:00(最終受付17:00)
1日2回開催
場所 アートガーデン内ローズマーケット受付
料金 500円(バラ5本)

美しいバラと音楽の共演
ローズガーデンコンサートも毎日開催!

※画像はイメージです。

世界で活躍するミュージシャンが生演奏!優雅な音楽とバラに包まれる、
贅沢な時間を過ごせます。

日程 5/12~6/3 毎日開催
時間 9:55~10:15、11:30~11:50、14:00~14:20(5/26のみ14:15~14:35)、17:00~17:20
1日4回開催
※スケジュールが変更となる場合がございます。
場所 アートガーデン

アイデアにあふれた作品が多数!
コンテナガーデン・ハンギングバスケット

コンテナガーデン

最優秀作品賞 金賞

Let's go

片岡 真奈美

  • 金賞

    薫風の候

    熊本 美代子

  • 銀賞

    涼風(すずかぜ)

    牟田 陽三

  • 銀賞

    ナチュラルに

    中村 佳奈枝

  • 銀賞

    Rose Secret Garden

    籠本 晴子

  • 銅賞

    花たちの想い

    牟田 陽三

  • 銅賞

    春香(はるか)

    難波 亜由美

  • 銅賞

    薔薇物語

    杉尾 雅峰

  • 入賞

    春みづき

    永野 智恵美

    Kid's Garden

    松田 葉月

    春の訪れ…

    有田 久枝

ハンギングバスケット

最優秀作品賞 金賞

母への感謝状

山本 美千子

  • 金賞

    異国情緒

    熊本 美代子

  • 銀賞

    バラの香りに誘われて

    吉岡 由美子

  • 銀賞

    そよ風

    石川 信子

  • 銅賞

    薔薇色の運河

    増永 真弓

  • 銅賞

    花遊美

    八尋 光子

  • 銅賞

    5月のこころ

    浦塚 久子

  • 入賞

    スマイル「smile」

    山田 明子

    春風やさしく

    長崎オランダ村 花の街づくりチーム 前田 悦子

    Rozen lief de~♡

    峯 ひろみ

    喜び

    佐藤 豊美

    Spring has come!

    柴田 文雄


[全体総評]
審査委員長 山本 紀久

ハウステンボスのコンテナガーデンとハンギングバスケットのコンテストは秋と春の二回行われるが、出品者にとって春のコンテストは、秋に比べて格段に神経を使う。それは、使用する植物の多くが葉や花を展開したばかりの軟弱なものになり、わずかな風や直射日光ですぐに萎れてしまうからである。
特にバラ祭りの一環として催されるこのコンテストは、強烈な個性と繊細な花と多様な種類を持つ・・・「バラを主体とする・・・」 という条件が付いているので、主役であるバラの種の絞り込みと材料入手の手段、開花のタイミングや他の植物との調和、直射日光にさらされても萎れない状態への「つくり込み」など、バラをめぐる多くの課題が重なり、出品者には極めてハードルの高い技量や意欲が求められることになる。
現実に、審査当日は快晴で気温も高く、どの作品も厳しい環境下に置かれることになり、その結果、植物の萎れ具合によって出品者の基礎技術の巧拙がはっきり表れるという現実を見ることになった。 そのことにより、最も重要な審査項目でありながら見分けにくい「つくり込み」の有無がはっきりしたので、その後の審査によって入賞した作品は、デザインはもちろんのこと、つくり込みの基礎技術がしっかり出来ているという評価も与えられたことになる。

[ハンギングバスケット総評]
審査員 林 緒利江

初夏を思わせる日差しのなか、主催者が求めている、バラ祭期間中の展示を意識した作品であるかの確認もしながらの審査でした。
デザイン、テクニック、カラーハーモニー、プロポーション作品全体の印象や調和と統一性を審査致しました。 優秀作品は 周りをシルバープランツで柔らかく包みフォーカルポイントを浮き上がらせながら、植え込みから植物の落ち着いた状態を考慮し、制作されています。全体に穏やかな空気が流れ風邪通しの良い作品でした。
全体を見ると過去展示作品に多くみられた、上部植込みが盛り上がった作品も少なくなりました。盛り上がらせていると、植物全体に水も行き渡らず、痛みの原因となります。根鉢の崩し方や、培養土の入れ方を考慮し上部の盛り上がりをなくした作品が多くみられ、コンテストの回を重ねる都度、出品作品のレベルがアップされ、出品数も多くなり制作過程において、皆さまの実力向上されているのが、そこかしこにみて取れます。 次回の作品制作にも励まれ、審査員の私達も楽しみにさせていただきたいと思います。

[コンテナガーデン総評]
審査員 藤原 良治

今回のコンテナガーデン展示はハウステンボス中心部にある広場の一角でありましたが、出品者の皆様はどのような環境で展示されるかわからない分、頭を悩ましたのではないでしょうか。又、薔薇を取り入れることや今年の4~5月の極端な温度変化等の気候変動に対しての調整など展示を行う当日まで苦労も多かったのではないかと思われます。
力作も多く、どの作品も素敵なバラを取り入れ、細かな気遣いやこだわりも感じられました。しかし、バラを取り入れる難しさも見受けられました。しなやかな草花に比べてバラは葉が大きく強健で花も枝先に咲き主張します。開花日数も長くありません。それらを踏まえてバラを選別して他の草花と調和させ生育させることは難しく奥深いものがあります。よって、その取り合わせ(空間、色調、生育状態、相性他)が無理なく納まってくれば心地よさや美しい生育へと導き結果につながってくるのではないでしょうか。
審査は、3名の審査員の採点結果により選出を行いました。 最優秀賞及び金賞の作品については、バラが元気よく生育し、初夏の草花ともうまく調和され、心地の良い空間演出と植栽構成がなされておりました。特に最優秀賞作品は小さいながらも作品の落ち着きと生育の楽しみが感じ取れる点が高く評価されました。