ヨハネ・パウロ2世美術館展
「エジプトへの逃避途上の休憩」アンソニー・ヴァン・ダイク
ヨハネ・パウロ2世美術館展

パスポート対象

※カウントダウン(12/31)は年間パスポート会員様も
カウントダウンパスポート(1,200円)が必要となります。
詳しくはこちらをご確認ください。

K-20ハウステンボス美術館
(パレス ハウステンボス内)

展覧会概要

ポーランドのヨハネ・パウロ2世美術館が誇る450点以上もの膨大なコレクションの中から、西洋絵画を語る上では欠かせない「女性」をテーマに61作品が来日。 本展覧会では「母と子」「神話と伝説」「肖像」という三つの切り口から、 華やかな女性たちの姿を取り上げます。レンブラントやゴヤなどの、 時代を彩る巨匠たちが女性をどのように描いたのか、 また当時の人々にとって女性や美とはどのようなものだったのかに迫ります。

「母性愛」カルロ・ファッキネッティ

1 章 母と子

キリスト教の聖母子や、それを元にした母親と子供を取り上げている作品をご紹介。 中世に描かれた神々しさのある作品から、現在に通じる仲睦まじい親子に取材したものまで、幅広い作品が描かれています。それらの根底には、家族への愛が込められているのです。

「ロトと娘たち」サミュエル・マッセ

2 章 神話と伝説

ギリシア・ローマの神話の一幕や、キリスト教の聖書に記された場面を描いた作品は、歴史画として、西洋美術の歴史の中では長らく、最上位に位置付けられていました。 これらの物語に登場する女性たちは、作者の想像力により様々な姿で、絵画の中に登場します。

「襞襟を着けた女性の肖像」レンブラント・ファン・レイン

3 章 肖像

富や権力の象徴であった肖像画は、次第に一般市民にも制作されるようになり、そこに描かれた人々の姿からは、当時の流行の服装や生活の様子が伺えます。 また神話の登場人物に扮した姿で描かれる女性もいました。技法だけでなく、彼らの衣装にもご注目ください。

©Museum of John Paul II and Primate Wyszyński

期間中のイベント

ミュージアムコンサート

17世紀のオランダの宮殿の中で、400年以上の歴史を持つ絵画と音楽に囲まれて、優雅なひと時を過ごしてみませんか?ハウステンボス所蔵のアンティーク楽器も登場し、冬の寒さを忘れる温かく贅沢な時間をお届けします。

●日時/1/20(土)、2/17(土)
①11:00- ②15:00- (各30分)

●参加費/無料 美術館2F展示室内にお集まり下さい

ギャラリートーク

作品の内容や作者、また制作背景などを、担当学芸員がご紹介。知られざる西洋美術の世界を皆様にご案内いたします。展覧会をもっと楽しみたい方、作品を詳しく知りたい方におすすめです。

●日時/1/13(土)、1/27(土)、2/10(土)、2/24(土)
①11:00-(60分間) ②15:00-(30分間)

●参加費/無料 5分前に展示室入口前にお集まり下さい

開催概要

●会場

K-20ハウステンボス美術館
(パレス ハウステンボス内)

●時間
詳しくはこちらをご確認ください。

●料金
パスポート対象
※パレス ハウステンボスだけの単独入場券は販売しておりません
※カウントダウン(12/31)は年間パスポート会員様もカウントダウンパスポート(1,200円)が必要となります。
詳しくはこちらをご確認ください。

●主催
ハウステンボス

●後援
ポーランド広報文化センター、長崎県、長崎県教育委員会、佐賀県、佐賀県教育委員会、佐世保市、佐世保市教育委員会

●企画協力
ホワイトインターナショナル

パレス ハウステンボスについて

オランダ王室特別承認のもと、ウィレム=アレクサンダー国王が居所としている宮殿の外観を忠実に再現。後方に広がるバロック式庭園は、18世紀に設計されたものの実現しなかった「幻の庭園」を甦らせました。本物を追求するハウステンボスの真髄ともいえる必見のスポットです。

パレスティーサロン

オランダの宮殿を再現したパレス ハウステンボスの中にあるティーサロン。美術館でのアート鑑賞やバロック式庭園の散策の後に、優雅なティータイムをお過ごしいただけます。

他のミュージアムについて

ギヤマンミュージアム

オランダ語のダイヤモンド(DIAMANT)に由来する「ギヤマン」は、江戸時代に使われていた言葉でガラス製品を指します。バロック調の館内には、世界各国から集められたエレガントなガラス工芸品が数多く展示されており、ホール吹き抜けにある世界最大級のシャンデリアも必見です。

ポルセレインミュージアム

17世紀中頃から東インド会社によって海を渡った伊万里焼は当時からヨーロッパで高い人気を集め、調度品として重宝されました。そういった東西交流の足跡と共に、芸術品のような品々を数多く展示する陶磁器の美術館。約3,000点が一堂に展示された「磁器の間」は圧巻です。

テディベアキングダム

「テディベアの博物館」として、世界中のメーカーベアやアーティストベアを約700体展示。ドイツ・シュタイフ社製はもちろん、希少価値の高い作品も数多く並びます。また、座高3.6mのジャイアントベアはフォトスポットとしても大人気。愛くるしい表情に、きっと心癒されます。

憧れのホテルステイで
旅の余韻に浸る

窓から見えるヨーロッパの街並み、ロビーでの生演奏、運河を眺めながらの本格的なレストラン、心地よい早朝散歩。
パーク内に宿泊できるオフィシャルホテルだからこそ味わえる、贅沢な時間をお過ごしください。


ホテルヨーロッパ

場内最上級のプレミアムホテル。花と音楽に包まれた空間でラグジュアリーなひとときを過ごせる。

ホテルアムステルダム

テーマパークエリア内唯一のホテル。全室45㎡以上で家族みんなで泊まっても広々。

フォレストヴィラ

森と湖に抱かれたコテージタイプ。1階には広々としたリビング、2階には独立したベッドルームが2室ありゆっくり過ごせる。

ホテルデンハーグ

心地よい静けさに包まれるオーシャンフロントホテル。海を見渡す絶景に癒される。

ホテルロッテルダム

モダンアートと上質な遊び心を楽しめるカジュアルホテル。

PageTop