メニュー

安心・安全にお楽しみいただくために、
十分な防疫対策をとっております。
詳しくはこちらをご覧ください



婚姻の絆/1956年



本イベントは終了しました

ハウステンボス美術館・博物館が所蔵する世界有数のエッシャー・コレクションの中から、
初期から晩年に至る世界的至宝を、約100点を一堂に展示。
トロンプ・ルイユ(だまし絵)にいたるエッシャーの軌跡をご紹介いたします。
エッシャーの不思議の世界をご堪能ください。

ハウステンボス美術館・博物館が所蔵する世界有数のエッシャー・コレクションの中から、
初期から晩年に至る世界的至宝を、約100点を一堂に展示。
トロンプ・ルイユ(だまし絵)にいたるエッシャーの軌跡をご紹介いたします。
エッシャーの不思議の世界をご堪能ください。



昼と夜/1938年

爬虫類/1943年

カルビの松林(コルシカ)/1943年

滝/1961年

エッシャーが辿った人生から
様々な作品を鑑賞

アーティストとしての道が開かれた

エッシャーの原点

M.C エッシャーは1898年にオランダのレーウワルデンで生まれました。 建築家の父親のもと建築装飾美術学校に入学します。在学時に出会った恩師にグラフィック・アートの才能を見出され、さまざまな版画技術を習得します。

STAFFのコメント

当時、父親には堅実な仕事についてほしいと建築家になることを望んでおり、エッシャー本人も建築科に所属していました。恩師に出会いがエッシャーの人生を大きく変化させました。

STAFFのコメント

当時、父親には堅実な仕事についてほしいと建築家になることを望んでおり、エッシャー本人も建築科に所属していました。恩師に出会いがエッシャーの人生を大きく変化させました。


さまざまな技法を生み出した

イタリアへの訪問

(1924年~1935年)
学生時代からイタリア各地に巡っていたエッシャー。独特な地形や自然で構成されたイタリアに対して、遠近法の新たな可能性を研究していたとか。 この時代は、本人曰く「手先の訓練」でもあったそうです。

さまざまな技法を生み出した

イタリアへの訪問

(1924年~1935年)
学生時代からイタリア各地に巡っていたエッシャー。独特な地形や自然で構成されたイタリアに対して、遠近法の新たな可能性を研究していたとか。 この時代は、本人曰く「手先の訓練」でもあったそうです。

STAFFのコメント

木々や岩の質感や重さが伝わる写実的なタッチと、エッシャーの「だまし絵」を彷彿させる雰囲気が交わった作品は、どこか真新しさを感じるように思えます。


才能の開花するきっかけとなった

スペインへの訪問

(1922年・1936年)
スペインを訪れた際、アルハンブラ宮殿やモスクのタイル壁に影響を受け、幾何学構造に関心を移し始めます。1936年以降は作風が一変し、私たちも見覚えのある「だまし絵」が登場します。芸術家からは無視されたものの、数学者や結晶学者から高い評価を得ました。

STAFFのコメント

数学的知識はほとんどなかったとされていますが、独自の発想や培った技術で生み出された作品は、彼自身の才能と努力の集大成といえるでしょう。

STAFFのコメント

数学的知識はほとんどなかったとされていますが、独自の発想や培った技術で生み出された作品は、彼自身の才能と努力の集大成といえるでしょう。

立体物など様々な
ジャンルの作品にも注目

ブナの木の魚のいる地球儀/1940年

フェルブリファ社のキャンディ缶/1963年

エッシャーといえば、版画を思い浮かべる方が多いと思いますが、キャンディ缶パッケージや彫刻などエッシャーの表現を織り交ぜた立体物の作品も制作しています。



写像球体を持つ手/1935年

M.C エッシャー(1898~1972年)

オランダの版画家。計算し尽くした幾何学的なタッチで描かれた作品は、芸術家だけでなく、心理学者や数学者からも注目を集める。1968年のオランダでの回顧展以後、揺るぎない世界的評価を確立し、現代ではオランダを代表する芸術家として位置づけられている。



開催概要

会場 パレス ハウステンボス
時間 時間 9:00~18:00(最終受付 17:30)
料金 パスポート対象施設
※パレス ハウステンボスだけの単独入館券は販売しておりません
主催 ハウステンボス

All M.C.Escher works©Escher Holding B.V.-Baarn-the Netherlands



オランダの宮殿を忠実に再現
パレス ハウステンボス
の魅力

オランダのベアトリクス前女王のお住まいになっている宮殿の外観を、オランダ王室から特別に許可をもらい、忠実に再現しました。宮殿館内の展示以外にも「幻の庭園」と称されるバロック式の宮殿庭園など見どころもたくさんあります。

幻の庭園
18世紀にフランスの造園家が設計したが、実現できなかった図面を使用した「幻」の庭園。

永遠(とわ)のアーチ
手を繋いで渡り切ると、永遠の愛で結ばれるという言い伝えのあるのあふれるアーチ。

黄金の館
部屋中が黄金に包まれた華やかな空間。目玉は金箔に包まれた黄金のヴァイオリン。




PageTop