佐世保から船で80!分宇久島でやりたい5つのこと

五島列島の最北端に位置し、佐世保から最短80分で到着する離島、宇久島(うくじま)をご存知ですか?

「宇久ブルー」と呼んでいるエメラルドグリーン色の透明度抜群の海と、白く輝く砂浜のビーチはSNSでシェアしたくなる絶景です!

また、宇久島は1185年平家にゆかりのある平家盛(たいらのいえもり)が、安住の地を求めて辿り着いた島といわれています。島内には家盛公上陸地とされる火焚﨑(舟かくし)をはじめ、当時を物語る史跡や文化財が多く残されています。

今回は「宇久島でやりたい5つのこと」をご紹介します!

まずは宇久島への行き方をチェック!

宇久島は、博多港または佐世保港からフェリーに乗って行くことができますよ。

博多港(約4時間)
時刻表や料金についてはこちらからご確認ください。

佐世保港(高速船 約1時間半・フェリー 約2時間半)
JR佐世保駅裏手にある鯨瀬(くじらせ)埠頭から出港しています。

時刻表や料金についてはこちらからご確認ください。

1.宇久島の美しい海で海水浴を楽しもう!

宇久の代表的な海水浴場といえば、大浜海水浴場。

「海水浴場百選」にも選ばれており、エメラルドグリーンの海と、遠浅の白い砂浜が600mにわたり広がっています。

左手には岩場があり、磯遊びをしたり、海の生き物の観察もできます。また、夕日に染まる海のサンセットビューは感動的!

沖合には、釣りのスポットとして有名な無人島「古志岐(こしき)島」があり、大物のイシダイ、クロダイを狙う太公望たちの船が行き交います。

海水浴場には隣接しているキャンプ場があるのでキャンプを楽しむのもおすすめ。シャワー、炊飯棟、トイレが整備されています。

海水浴シーズンでなくても、潮風を感じ波の音を聞きながら、砂浜を歩くだけでも癒されますよ。

大浜海水浴場
住所:長崎県佐世保市宇久町平4905
電話番号:0959-57-3935 (宇久町観光協会)
アクセス:宇久平港より車で5分(徒歩20分)

2.まちあるき&サイクリングを楽しもう!

宇久島は史跡を見学したり、自然を堪能できるスポットが満載!

平家ゆかりのお寺や捕鯨文化が残る史跡や神社を散策したり、港にある宇久町観光協会でうくちゃり(電動アシスト自転車)を借りて、シーサイドロードを走れば気分爽快です!

宇久島は捕鯨文化が色濃く残っており、いたるところで漁業の神様である七福神の恵比寿様が祀られています。その中でも一か所だけ鯨に乗ったカラフルな恵比寿様がいますので、是非見つけてみてください!

こちらは1187年に建立され平家盛公の菩提寺である東光寺。五島藩の始祖として五島全域を統治した宇久氏(のちの五島氏)の七代(家盛・扇・太・進・競・披・実)までの霊廟があります。

東光寺
住所:佐世保市宇久町平2397
電話番号:0959-57-3935 (宇久町観光協会)

宇久島の大自然で育まれた和牛飼育体験プログラムもありますよ!

宇久島は1600頭もの黒毛和牛が飼育されていて、餌やりやブラッシングなどのお世話をしながら牛と触れ合ってください。つぶらな瞳に見つめられると「癒され」ます。運が良ければ生まれたばかりの仔牛に立ち会えるかも。

プログラム詳細
定員2~6名
料金:2,500円
申込方法:宇久町観光協会へお電話にて
電話番号:0959-57-3935

しっかり動いてお腹がすいたらガツンと食べ応えがあるくじらカツカレーはいかが?

こちらは宇久島名物くじらカツカレー。

くじら独特の旨味がルーに溶け込んだ絶品です。名物女将さんのひと手間が染み込んでクセになっちゃいます♪

かっちゃん
住所:佐世保市宇久町平268-1
電話番号:0959-43-4150
営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00
定休日:日祝日

3.宇久の絶景ポイント対馬瀬鼻灯台で夕日を見る

サンセットは島の最北端の岬、対馬瀬(つしまぜ)灯台へ向かいましょう!

宇久を象徴する絶景ポイントです。CMの舞台やテレビにも登場したこともありますよ。

また、平家盛公上陸地「舟隠し」も人気のサンセットスポットです。

家盛公が入江に船を隠したことから舟隠しと名付けられており、上陸した時に火を焚いて暖をとったことから「火焚崎(ヒタキザキ)」とも呼ばれています。

水平線にゆっくりと沈む夕陽を眺めながら、のんびりと過ごしてみてくださいね。

対馬瀬灯台
住所:佐世保市宇久町野方
電話番号:0959-57-3935 (宇久町観光協会)
アクセス:宇久平港より車で10分

船隠し
住所:佐世保市宇久町本飯良
電話番号:0959-57-3935 (宇久町観光協会)
アクセス:宇久平港から車で15分

4.民泊で島の暮らしを体験しよう!

宇久島には20軒の民泊先があります。島に暮らしているお宅へ宿泊し、離島の暮らしを体験することができますよ。心あたたかい島の人との「交流」と「団らん」はまるでおばあちゃんの家にいるような気分に♪心身ともにリラックスできます。

民泊とあわせて、様々な自然体験や郷土料理体験も!

例えば、宇久のさつまいもを使ったかんころ餅づくり体験では、島のおばあちゃんが昔ながらのやり方で一緒に作ってくれます。そしてできたてほやほやのかんころ餅を試食できます。おばあちゃんの島の昔話に花が咲くことは間違いありません。かんころ餅のお土産付き!

他にも、魚釣り体験や夏場に海に漕ぎ出すシーカヤック体験、子どもに人気の磯遊びや貝アクセサリー作りなどバリエーション豊かな体験が用意されています。

民泊体験のご予約・お問い合わせはこちら

◎宇久島グリーン・ツーリズム振興会     事務局 宇久島観光協会内
住所:長崎県佐世保市宇久町平2524番地23
電話番号:0959-57-3935
HP:http://www.ukujima.com/homestay.html

※新型コロナウイルス感染拡大により、内容が記載と異なる場合がございます。 民泊体験ご希望の方は、事前に事務局へご確認ください。

5.宇久のお土産を購入しよう

旅に出るとお土産探しも楽しいですよね。 宇久ならではのお土産を手に入れましょう!

かんころもち

昔から長崎地方に伝わる郷土の名物。
宇久島産のさつま芋と餅米・砂糖だけで昔ながらの手作りにこだわった究極の逸品です。お餅のように、焼くタイプのものとそのまま食べられるタイプのものがありますよ。

連子鯛の鯛めし

連子鯛(れんこだい)の鯛めしは「平成29年度長崎県水産加工振興祭水産庁長官賞」を受賞した宇久島名産の一つです。
連子鯛は、昔は全国の漁船が延縄漁や底引網漁に訪れていましたが、今は島の漁師が主に揚げ続けています。
新鮮な連子鯛に炙りのみを入れた鯛めしは素材が活きる美味しさ! ぜひご賞味ください。

うくじま椿オイル

五島列島と聞いたら良質な椿オイルが有名ですよね!

「うくじま椿オイル」、宇久島の「やぶ椿」から丁寧に搾り抽出した100%天然のオイルです。

椿オイルは、酸化・変質しにくい油で、主成分は人の皮膚から分泌される脂肪分、と同じオレイン酸トリグセライドを含んでいますので、素肌に馴染みます。
髪・全身に使用できますよ!

以上、宇久島でやりたいこと5つをご紹介しました! 知る人ぞ知る魅力が満載♪

ぜひ宇久島の旅で、自然の恵みを感じ、島民とのあたたかいふれあいを楽しんでくださいね!

コメントは受け付けていません。