ドライブで行こう!九十九島(くじゅうくしま)北部の絶景スポット&絶品グルメスポットをご紹介

日本本土最西端のエリア、九十九島北部は、いりこの生産量が日本一を誇る漁師の町です。
佐世保の中心地から近い南部側とはまた違う、九十九島の表情を見ることができます。
絶景スポットは複数あるため、公共交通機関よりも車でドライブの方が、ゆっくり楽しめておすすめです。
長閑な町並みをドライブしながら、絶景スポットを回り、九十九島漁協の直売所や、九十九島波の道直売所でのお買い物を楽しみつつ、お腹が空いたら地元に愛されるお店で鮮魚を味わう!
気ままに絶景ドライブの旅を、楽しんでみませんか?
こちらでは絶景ポイント3箇所&絶品グルメスポット2箇所をご紹介します!

波の家直売所についてはこちら

九十九島漁協直売所につてはこちら

日本本土最西端の地「神崎鼻(こうざきばな)公園」

神崎鼻公園は、東経129度33分、北緯33度12分の、日本本土最西端の地です。
海沿いにシンボルのモニュメントが立ち、九十九島北部の悠々たる景色が広がります。
遠くは五島列島まで望むことができ、運が良ければ漁に出る漁船に出会えることも。

他に、公園には芝生のエリアや展望デッキ、海中遊歩道があります。

また、下記施設で「日本本土最西端訪問証明書」が貰えるので、神崎鼻公園の後にぜひ立ち寄ってみてくださいね!

証明書交付場所
・小佐々支所
・小佐々地区公民館
・佐世保観光情報センター
・矢岳簡易郵便局

・道の駅させぼっくす99
・九十九島波の道~本土最西端直売所~
・おさかな広場

各施設の営業時間等についての詳細はこちら。(佐世保市役所HP)

神崎鼻公園
住所:長崎県佐世保市小佐々町楠泊354番地1
詳細はこちら

長串山(なぐしやま)公園

大小208の島々が海に浮かぶ九十九島は、数えきれないほどたくさんの島があるという意味からこの名前がつきました。九十九島周辺には、九十九島八景と呼ばれる8つの展望所があります。佐世保市街地から北へ車で50分ほど離れた長串山公園もそのひとつです。

九十九島北部を一望できるこの公園は、春は10万本の色鮮やかなツツジが咲く名所として知られています。4月上旬から5月上旬にかけて、山肌がピンクのグラデーションに染まり、九十九島の青い海と緑の島々に映える美しい光景が見られます。また、この時期には、「長串山つつじまつり」が開催され、写真愛好家や家族連れなど多くの人で賑わいます。

ツツジの花言葉は、「初恋・愛の喜び・情熱」らしく、恋の花なんだそう!
デートをするのも素敵ですね!

◎長串山公園
住所:長崎県佐世保市鹿町町長串174-12

詳細はこちら

冷水岳(ひやみずだけ)公園 

こちらも九十九島八景のひとつで、標高約300mの冷水岳から望む展望台では、九十九島最北部の絶景をさまざまな角度で楽しめます。敷地内には「冷水岳ふるさと物産館」があり、軽食も提供しています。笑顔が素敵な地元のお母さんたちが、出迎えてくれ、小佐々の特産品である「九十九島いりこ」で丹念に出汁をとったうどんや押し寿司など、素朴で美味しい家庭料理を振る舞ってくれますよ。

こちらでも5月中旬頃にヤマツツジが見られますので、ぜひツツジのシーズンに遊びに行ってみてくださいね。
冷水岳ふるさと物産館についてはこちら

冷水岳公園
住所:長崎県佐世保市小佐々町矢岳1618番地12
詳細はこちら

ビストロさやま

和洋折衷な店構えの、知る人ぞ知る本格フレンチレストランです。

店主の佐山シェフは、本土最北端・青森県大間町の出身で、大阪での修行を経て、2015年、地元から約2,000km離れたほぼ本土最西端である鹿町町に移住し、このビストロをオープンしたそうです。

丁寧な盛り付けと繊細な調理で、女性に大人気。
ソースやスープ、ドレッシングなどすべて手作りで、地元で採れた鮮魚をはじめ、地元食材をふんだんに使ったコースが驚くほどリーズナブルに味わうことができます。

昼・夜どちらもコースのみで、3,000円、4,000円、5,000円の3種類があります。その日に仕入れた食材でメニューを考えられるとのことで、詳細は行ってからのお楽しみ。

最大24名まで受け入れ可能で、6名までの個室もあります。すべて椅子席なので、ゆったりお料理を楽しめますよ。

ビストロさやま
住所:佐世保市鹿町町下歌ヶ浦989-6
電話:0956-77-5858
営業時間:ランチ:11:30~14:00 / ディナー:18:00~21:00
店休日:月曜日
予約:要予約
URL:https://www.instagram.com/bistrosayama/?hl=ja

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

うを佐

寿司職人歴30年以上の大将が、地元の新鮮なお魚を使って握る寿司店。
店主が市場へ出掛け、目利きにかなった鮮魚を、その美味しさが一番伝わるよう調理し、提供されています。
2019年には、ミシュランのなかでも、リーズナブルで美味しいお店に格付けされるビブグルマンにも選ばれています。
地元の漁師さんたちも一目置くお店で、地元民はもちろん、遠方からも通って来られるお客さんもいらっしゃるんだそう。上にぎり2,200円(税込)、にぎり1,320円(税込)とお値段もリーズナブルです。冬は、とらふぐコースもおすすめですよ。

うを佐
長崎県佐世保市鹿町町下歌ケ浦986-27
電話:0956-77-4433
営業時間:11:30〜22:00
店休日:水曜日
予約:予約可

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

以上、九十九島北部の絶景スポット&ドライブがてらに立ち寄りたいグルメスポットのご紹介でした!

きっと訪れたら美しい緑の島々と、青い海と空、そして色鮮やかな花々に癒されることでしょう。

さあ、大自然を満喫する旅に出かけよう!

コメントは受け付けていません。