コロナ対策もバッチリ!安心して楽しむために、ハウステンボスの防疫対策&注意事項をチェック!

ハウステンボスに遊びに行きたい!そう思っても、中にはコロナ感染症による不安や心配を抱いて躊躇する人もいるかもしれません。

現在ハウステンボスでは、「遊園地・テーマパークにおける 新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に準拠した、新型コロナウイルス拡散防止への取り組みが徹底して行われています。

私たちが安心してハウステンボスを楽しむためには、ハウステンボス側の対策と、私たちの協力が必要です。

今回は具体的にどういった対策がなされているのか、また、私たちはどんなことに注意する必要があるのかについてご紹介いたします。

まずは入場条件をチェック!

ハウステンボスでは新型コロナウイルス感染拡大予防のため、以下の入場条件が敷かれています。
当日ハウステンボスへ入園される際に、以下の内容について「確認書」に記載する必要があります。事前に目を通しておきましょう!

  • 濃厚接触感予防のため、食事中の会話の際に、ハンカチや紙ナフキンなどを口にあてていただきますようご協力をお願いします。
  • 2週間以内に熱・体のだるさ・風邪の様な症状の無かった方に限ります。マスクご持参の方に限ります。
    ※5歳以下のお子様はマスク着用不要といたします。(世界保健機関(WHO)と国連児童基金(ユニセフ)の指針によります) 。
  • ご連絡先が確認出来る方に限ります。
  • 過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該在住者との濃厚接触がない方に限ります。
  • 新型コロナウイルス陽性の方との濃厚接触歴のない方に限ります
  • 同居家族や身近な知人に感染の疑いがない方に限ります

入場の際の注意事項

1.マスクの着用

入場はマスクを持参されている方のみとしており、場内ではマスクの着用が必須です。

※5歳以下のお子様はマスク着用不要です。(世界保健機関(WHO)と国連児童基金(ユニセフ)の指針によります) 。
※幼児用マスクをご提供しております。

2.検温チェック

入国口および美術館入り口では赤外線サーモグラフィによる検温が行われています。
検知結果によっては、改めて体温測定を行い、37.5度以上の場合は入場できません。

3.手指消毒の徹底

入場時は必ず手指消毒を行います。
また、場内では随時手指消毒が設置されていますのでご利用ください。

場内での飛沫感染防止対策

場内各施設の館内(アトラクション、ショップ、レストランなど)では、ソーシャルディスタンス確保のため、座席の間隔を1m以上あけたり、一部人数を制限しています。

また、テイクアウト提供可能なレストランを増やし、安心してお食事を楽しめる環境をご提供しています。

レストランでは、お食事中に外したマスクを入れる袋が配られますので利用しましょう。
濃厚接触予防のために、お食事中の会話の際はハンカチや紙ナフキンを口にあててください。

場内全てのレストランおよび直営のホテルでは、メニュー表に触れたくない方へ向けて、QRコードを読み取り、携帯端末で確認することができます。

多くの人が利用する場所での接触感染予防策

ドアノブや自動販売機のボタン、トイレなど、皆さんが触れる箇所の消毒清掃は定期的に行われていますが、気になる方は入国口で配布されるポケットティッシュを、トイレではトイレットペーパーをご使用ください。

その他、靴底からの感染を防ぐため、パレス ハウステンボス美術館、ホテル入口にて、除菌マットが設置されています。

各施設の遊具、ショップの買い物カゴは、都度消毒を行っているため、安心してご利用いただけます。

各アトラクション施設の遊具は、都度スタッフの方が消毒をしています。

ハウステンボス直営ホテルの感染予防対策

ハウステンボス直営ホテルのホテルヨーロッパ、ホテルアムステルダム、フォレストヴィラ、変なホテル ハウステンボスでは、宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドラインに準じた対策が行われています。

各ホテルは、長崎市・雲仙市・佐世保市がチームで取り組む安心・安全のための認証制度「チームナガサキセーフティ」のガイドラインを実施し、認証を受けています。

フロントでのチェックインは、ソーシャルディスタンスを保つために、極力並ぶのを避けるため、ラウンジ等でのご案内や、直接お部屋へのご案内が実施されています。

フロントカウンターやレストランのレジ前には、飛沫防止用シールドが設置され、客室ではドアノブ、扉、スイッチ類、リモコン、電話等、清掃終了後に除菌剤による消毒の強化が行われています。

ホテルチェックイン時は検温があります。
また、同行者を含む宿泊者全員の本人確認が必要になりますので、氏名と居住地が確認できる身分証(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等。お子様は健康保険証、学生証等)を忘れずにご持参ください。

濃厚接触者を出さないために

ハウステンボスのスタッフは専門業者から正しい消毒方法の講習を受け、お客様とスタッフの安全確保を最優先に対策に取り組んでいます。

今後も保健所ならびに地方自治体などの関係機関と連携を図り、感染拡大防止のために必要な措置を講じていくとし、予防対策の内容が変わっていく可能性もあります。

遊びに行かれる際は、ハウステンボスのホームページを事前にチェックして、予防対策を万全のもと、お楽しみください。

◎ハウステンボス ホームページ
https://www.huistenbosch.co.jp/

コメントは受け付けていません。