あじさいの音楽広場

PickUp Artist

世界的に話題の2チェロズの演奏を体感ハウステンボスチェロズ

ルーマニア・ブカレストシンフォニーのチェリスト2名が高度な奏法でロックを共演。

●ANDREI MIHAI CAVASSI(アンドレイ カバシ ミハイ)
ルーマニア国立音楽校卒業、国際チェロマスタークラスで学ぶ。国際ユースアートフェスティバルではオーケストラと競演。その後2006より、ブカレストシンフォニーのチェリストとして活躍。
●NASTAI FLAMINIA(ナスタイ フラミニア)
ルーマニア、ギョルゲ ディーマ ミュージックアカデミー卒業。その後室内管弦楽、カルテット、ソロコンサートなどで活動、2014年からはジョルゲ エネスクフィルハーモニー、ブカレストシンフォニー、国立オペレッタ劇場で公演を行っている。

イベントスケジュールをみる

幅広いジャンルを引きこなす実力派バンドサーシャバンド

リーダーのリシュチャック オレクサンドル、通称サーシャをリーダーにハウステンボスで結成されたハウステンボスオリジナルバンド。3名と少人数のバンドでありながら、レパートリーはポップスアレンジの利いたクラシックや、ポップス、ワールドミュージックなど幅広いジャンルを弾きこなす実力派バンドです。

●LISHCHUK OLEKSANDR(リシュチャック オレクサンドル)
本国ではバンドメンバーのギタリストとして、ギター講師として活躍。

●VARNABA YAROSLAV(バルナバ ヤーロスラフ)
本国ではオーケストラの一員(ドラマー)として活躍、また、ドイツサーカスオーケストラでもソリストとして活躍。

●GUSENTSEV GENNADII(グーセンツェフ ゲナディ)
ベラルーシ音楽校卒業、その後はシアターでコンサートマスターを勤めるなど、アーティストとして活躍、2000年以降は作曲や編曲、音響にも携わり、現在ではミュージックマスター的な存在。

イベントスケジュールをみる

ハウステンボス歌劇団

日本、そして世界中のみなさまへ「感動は国境を超える」舞台をお届けするために生まれたハウステンボス歌劇団。2013年の結成以来、日々夢と感動の舞台を届けています。

イベントスケジュールをみる

これまでの音楽祭ではたくさんの喜びの声が届きました

●アムステルダム広場の音楽が良く離れられなかった。(北海道・女性)
●ウクライナオペラアンサンブルは常時(1年中)開催してもらいたい。(長崎県・男性)
●サーシャバンドとハンガリアンアンサンブルのコラボ、サーシャバンドとルーマニアンクラシックアンサンブルとのコラボを見ました。素晴らしかったです。こんなに素晴らしいショーをテーマパークで見られるなんて信じられません。(女性)
●アムステルダム広場のオペラ、クラシックの生演奏が良かったです。(愛知県・女性)