秋バラは、花輪は小ぶりですが香りが高く色つやがよいことが特徴です。
1本1本の美しさ、香りを、心地よい秋空の下ゆっくりとお楽しみください。

秋バラの2大スポット

1,000品種の秋バラが香るアートガーデン

場内最大のガーデンエリア「アートガーデン」。こちらでは約1,000品種のバラをお楽しみいただけます。 また、夜は美しいイルミネーションに彩られ、昼間とは全く異なる、幻想的な光景に包まれます。

宮殿に佇む高貴な庭園パレス ハウステンボス ローズガーデン

オランダ王室の宮殿外観を忠実に再現したパレス ハウステンボス前庭に佇むバラ園。著名人や皇室の名前を冠したバラなど、美しく高貴なバラが咲き揃います。

バラの香り紹介

モダンローズの香りは大別すると下記の6つの系統に分類されます。 いわゆる「バラの香り」を感じられる「ダマスク・クラシック系」をはじめ、フルーツの香りを感じるものや、スパイシーなものまで、あなたのお気に入りの香りを探して歩くのも、秋バラの大きな楽しみです。

ダマスク・クラシック系

いわゆる「バラの香り」。強い甘さと華やかさやコクを合わせ持つ、古典的な香り

ダマスク・モダン系

ダマスク・クラシックの香りを受け継ぎながら香り立ちは強くより情熱的で洗練された香り。

ティー系

ダマスク系の香りとは全く異なる特有の香り。香り立ちは中程度ですが、上品で有は印象を与えます。

フルーティー系

ダマスク系とティー系の香り成分がいろいろなバランスで混在した香り。ピーチやアプリコット、アップルなどの新鮮な果実の香りが想起される香り。

ブルー系

ブルーの花色を持つ青バラ系の品種のほとんどがもつ香り。主にダマスク・モダンとティーの香り成分が混在し、独特の香りを形成している。

スパイシー系

ダマスク・クラシックの香りが基調だが、丁字(グローブ)のような香りがやや強く感じられるスパイシーな香り。

香りのバラおすすめBEST5

1

パパメイヤン

世界バラ会連合の殿堂入りを果たした、アートガーデンの主役級。濃厚な香りとかすかに混じるシトラスの香りが素晴らしい品種です。

2

ダブルディライト

世界バラ会議にて殿堂入りしたすぐれた品種。可憐な花色と、芳醇なフルーツの香りが混ざったローズの香りが特徴です。

3

マイガーデン

数多くの国際バラコンクールを総なめにした、香り・花容・耐病性に優れた必見の名作。アンティークな雰囲気の花色も魅力的。

4

ハウステンボス

ハウステンボス20周年を記念して誕生した新品種。ダマスクの香りがよく、小ぶりで丈夫なので、育てやすい品種です。

5

イヴ・ピアジェ

ジュネーブ国際バラコンクールで金賞・芳香賞を受賞した、フランスを代表するバラです。

ローズコンシェルジュおすすめBEST5

1

アイスバーグ

殿堂入りのバラ。清楚さと気品に満ちた、美しい白薔薇。秋の深まる頃、うっすらとピンク色を含ませます。

2

ジュビレ・ドゥ・プリンス・ドゥ・モナコ

花つきがよく、白地に赤の縁取りが秋にはさらにはっきりとして、美しいです。

3

ビブレバカンス

鮮やかなオレンジの花が元気をくれる品種です。名はフランス語で「バカンス(休暇)、バンザイ!」の意味です。

4

ボレロ

ふんわりとした花色と甘い香りが優しい雰囲気をもつ品種です。

5

ノヴァーリス

最強の青ばらとも言われる品種で、強健さもありながら、花びらの多い花は見事で美しいです。

パレス ハウステンボス ローズガーデンおすすめBEST5

1

マチルダ

花つきが良く、やわらかににじむ桃色が大変愛らしく人気です。淡い桃と白のソフトカラーでまとまるので、株全体としてとても美しい品種です。

2

プリンセス・ドゥ・モナコ

モナコ公国王妃となった、女優の故グレース・ケリーに捧げられたバラで、耐病性に優れた気品あふれる人気品種です。

3

ドルトムント

鮮やかな赤の一重平咲きで中心部は黄色から白く変化します。5~6輪の房咲きとなり花もちがよく耐病性のある強健種です。

4

プリンセス・ミチコ

1967年にイギリスのディクソン社から当時皇太子妃だった、美智子皇后にささげられたバラで、他にはない濃いオレンジの花色が特徴です。

5

アイスバーグ

殿堂入りのバラ。清楚さと気品に満ちた、美しい白薔薇。秋の深まる頃、うっすらとピンク色を含ませます。