見る・遊ぶ・体験する

ミュージアム

磁器の博物館

ポルセレインミュージアム

ポルセレインミュージアム

海を渡って愛された伊万里の磁器
その東西交流の足跡と美しい品々を展示

17世紀中期ごろ、伊万里の磁器が海を渡り、遠くヨーロッパで愛されていたという事実をご存知でしたか?
オランダ連合東インド会社によって輸出された東洋の磁器は、約100万個と言われていますが、中でも日本のものは深く愛され、調度品として重宝されていたのです。また赤や金で絵付けしたものが、ヨーロッパでさらに金属で加飾され、室内装飾品としても不可欠なものとなりました。18世紀に入ると各国の窯が伊万里の模倣を行うようになり、その影響は現代まで続いているということです。

第1室では、中国、有田焼、ヨーロッパの陶磁器を並べ、東西交流の流れをご紹介しています。つづく第2室では、室内装飾品として最盛期を迎えた古伊万里や柿右衛門を、当時のヨーロッパでの装飾を再現する形で展示しました。第3室は、技術革新や原材料の改良により大型で鮮やかになった、19世紀後半のものを中心に陳列しています。

 

ポルセレインミュージアムBEST3

BEST1

おすすめ1
磁器の間

■国籍 ドイツ
ドイツ・ベルリンにあるシャルロッテンブルグ宮殿の磁器の部屋「ポルセレイン・キャビネット」を再現したもの。 当時、高価だった磁器を約3,000点も飾りつけた富と権力の象徴ともいえる空間。西洋美術と東洋趣味が融合した姿、ぜひ目に焼き付けていただくべき芸術であると断言できます。

BEST2

おすすめ1
色絵女人形

■国籍 日本/伊万里・柿右衛門様式
■年代 17世紀後半
髪は御所髷、小袖に黒い帯をしめ、打掛けをつけた寛文美人像。 同一の型から形成されるが、どれとして着衣の文様は同じものがない。

BEST3

おすすめ1
色絵山水怪獣文広口大花瓶

■年代 19世紀後半
高さは約2m。主文様として山水、鷹、獅子、鳳凰を描いた豪華絢爛で威厳のある大花瓶。 瓶の口が波状に開いた形は、明治時代の万博出品作に多く見られ、本焼すると左手の素焼が1割縮むことがわかります。

ネットで簡単!ホテル宿泊予約
STEP1ホテルを選択してください。
STEP2宿泊日を選択してください。
STEP3宿泊数を選択してください。
STEP41部屋あたりの利用人数を選択してください。
大人
名様
小人A
名様
小人D
名様
  • A:小学生以上
  • D:小学生未満、食事・寝具なし