カワイイがいっぱい!映えて盛れるワクワク旅
~ハウステンボス編~

SKE48チームEの〝かえにゃん〟こと池田楓が、
大好きな出身地の佐世保と、小さな頃から何度も通った
ハウステンボスの魅力をご紹介します。
虜になること間違いなしの
長崎グルメと映えスポット満載です!

SKE48 チームE
池田 楓(かえにゃん)

AKB48グループの中で、名古屋市・栄を拠点に活動するSKE48のチームEに所属して頑張っています。生まれ育った佐世保は、食べ物も美味しくて、おしゃれなお店もたくさん!皆も好きになってくれたら嬉しいな。

運河の上を空中散歩
「シューティングスター」

シューッと音を立て、高さ6mのスタート台から運河の上へ滑り降りるシューティングスター。遥か300m先のゴールまで、まるで流れ星のように一気に駆け抜けるスリル満点の人気アトラクションです。スタート台に立った時は思ったよりも高く、ゴールも遠く感じられて怖がっていたかえにゃんですが、SKEのチャレンジ魂を発揮してエイッと思い切ってスタート!ワイヤーロープの安定感と景色の美しさに安心して、ゴールしたとたんに「もう1回やりたい!」と、とびきりの笑顔を見せてくれました。

check! 日本各地で体験できるジップラインでも、運河の上を行くのはここだけ!しかも、ヨーロッパの街並みそのままのハウステンボスの全景と、季節ごとに色合いを変える周りの木々の美しさは格別。シューティングスターを経験した人だけが見ることができる絶景は一見の価値あり!
詳しくはこちら

本当にここは日本!?
「ファンタジアストリートと
花の広場」

ついついシャッターを押したくなるフォトスポット満載のハウステンボスの中でも、絶対外せないのが光のファンタジアシティ!まるでヨーロッパに瞬間移動してしまったかと思うようなポップで色鮮やかなレンガの街並みのファンタジアストリートは、その可愛らしさに思わずかえにゃんも歓声をあげちゃいました!シーズンごとに花が変わり、いつでも華やかな花の広場では、蝶々になれるベンチを発見。どこで撮っても絵になるところばかりで、カメラのバッテリーが心配!!

check! 一歩ファンタジアストリートに足を踏み入れたとたん「カワイイ!」を連発のかえにゃん。窓辺に置かれた小物や、入り口にかけられた看板など、細かいところまで見落とせません。上を見上げて屋根の形や壁の装飾もチェックしてね。SNSにアップしたら海外に来ているかと間違えられちゃうかも!?
詳しくはこちら
※光のファンタジアシティは3/20グランドオープン。現在はファンタジアストリートを先行公開中

名物に旨いものあり!
「悟空」

長崎の名物料理はたくさんあるけど寒い季節にオススメするなら、やっぱりちゃんぽん!佐世保に里帰りする時の一番の楽しみは「美味しいごはん!」というかえにゃん。中でもちゃんぽんは小さな頃から大好きです。そんなちゃんぽんをハウステンボスの中で楽しめるのが、ここ「悟空」。鶏と豚の美味しいところを凝縮したこってり濃厚なスープ。上ちゃんぽんは、具の中に竜眼も入ったスペシャル仕様。「今まで食べた中で優勝ちゃんぽん!」と、かえにゃんもその美味しさに夢中で頬張っていました。

check! 竜眼とは、イワシのすり身でゆで卵を包んだかまぼこのことで、長崎おでんの中で人気の具材です。ちゃんぽんの具材にすることで、スープの美味しさが染み込んで、格別の味わいに。プリプリの海老や、貝柱やイカなど大きな具材が食べ応え抜群。ちゃんぽんだけでなく、皿うどんなども人気。
詳しくはこちら

思い出が詰まったお土産を
手づくり「オランダの館」

ハウステンボスに来たら、もちろんお土産や記念のショッピングも楽しみたい!おすすめは、アムステルダムシティ内にあるオランダの館。可愛いオランダ民芸品がたくさんで目移りしちゃう。そんな中、ズラリと並んだ木靴に目がとまりました。なんと、ここではオランダ直輸入の木靴に絵付け体験ができちゃうんです。早速かえにゃんも挑戦!飾り用だけでなく、実際に履くことができる白木の木靴の中から好みのものを選んで自由にペイント。思わず夢中になって無言で集中。大好きな佐世保の思い出をたくさん描いてお土産に持ち帰ることにしました。

check! 木靴絵付け体験は所要時間約1時間。絵筆や絵の具はもちろん、汚れても良いようにエプロンも貸し出していますので、旅行者でも安心。オリジナルの木靴がお土産だなんて、ひと味違って素敵でしょ?かえにゃんは大好きなハウステンボスのキャラクターのちゅーりーちゃんや九十九島せんぺいをペイント。あなたならどんな木靴をつくりますか?
詳しくはこちら

クルクルうまうま!
「ロールアイスクリーム
ファクトリー」

発祥はタイの屋台。ニューヨークで火がついて日本に上陸し、その作り方のインパクトとキュートな姿がSNSでも話題のロールアイスがハウステンボスでも楽しめるんです!YouTubeでチェックするほどロールアイスを作るのが憧れだったかえにゃんが、今回は特別にロールアイスづくりにチャレンジ!マイナス10度以下のキンキンに冷えたプレートの上にクリームをのせ、お好みのソースやフルーツを混ぜて冷え固まったらクルクル丸めてカップにイン!苺の果肉がそのまま残ったクリーミーなアイスに、トッピングは大好きなクッキー。できたてのアイスに今日イチの笑顔なのでした。!

check! ベースとなるクリームに混ぜ込むフルーツやスイーツ、トッピングにソースもお好みの組み合わせで選べるので味は無限大!お店オススメの味も12種類用意していますので迷っても安心。オリジナルで味を組み合わせてできる、できたてのアイスクリームの味は格別です!ぜひ試してみて!
詳しくはこちら

※コロナ予防対策を行った上、安全に配慮し撮影しています。通常営業時はスタッフは常時マスクを着用しております

フォトジェニックで
ロマンティック
「アンブレラストリート」

アトラクションタウン内にある約130mに及ぶアンブレラストリート。上空をロマンティックに埋め尽くす傘が、最近レイングッズブランド・Wpc.のオーロラ傘にリニューアルし、一層幻想的な空間を演出しています。虹色に輝くオーロラ傘が昼は太陽の光を、夜はイルミネーションの輝きを反射させて、どんな時間に歩いても違った美しさが楽しめます。アンブレラストリートの入り口にはSNS映えするハートのイルミネーションも!どこで撮っても絵になるフォトジェニックストリートです。
※アンブレラストリートは季節ごとに装飾・演出が異なります

check! アンブレラストリートの中ほどに、QRコードを読み込むだけで無料で一眼レフカメラが撮影してくれるセルフィーサービスもあるんですよ!これは利用してみる価値あり!クルクルと表情を変えて輝く傘に見とれてつまづかないように、足元には注意してくださいね。

夜はしっとり
カジュアルフレンチ
「レストラン トロティネ」

思い切りアクティビティを楽しんだり、ロマンティックな異空間を満喫した後はディナーは少し背伸びしてフレンチをチョイス。フォレストヴィラ内にあるレストラン トロティネならフランスで修行された経験を持つ青山シェフが腕によりをかけ、長崎近郊の食材をふんだんに使い、ひと皿ごと絵を描くように美しく仕上げられていますので、お腹も心もいっぱいに!フレンチにまだ慣れていないかえにゃんでしたが、シェフに料理の食べ方などを優しく教えていただき、緊張せずに全皿美味しく堪能できたようです。

check! 夜のディナーに訪れるなら、シェフのおすすめディナーをぜひ楽しんで!ピュイ産のレンズ豆に塩レモンのソース使ったサラダや、長崎近郊野菜のオニオングラタンスープ、長崎県産若鳥のコック・オーヴァンなど本格的なフレンチがカジュアルスタイルでいただけます。メインの肉料理に添えられたクルトンはハート型にされていたりと、シェフの遊び心をまずは目でも楽しんでくださいね!ボナペティ!!
※コース内容は季節ごとに異なります
詳しくはこちら

まだまだワクワクは
終わらない!「変なホテル」

遊び尽くしてホテルで一息‥‥とは、まだまだいかないのがハウステンボス!今夜かえにゃんがチョイスしたホテルは、その名も"変なホテル"!フロントから恐竜やロボットのお出迎えに、かえにゃんもビックリ!クロークからスマートコンビニ、BARスペースなど全て人ではなくロボットがメインスタッフ。部屋はクールでスタイリッシュなインテリアや、今回かえにゃんが宿泊した木の温もりを感じられるタイプなど、どの部屋もおしゃれで広さもゆったり。寝るまでワクワクが続くなんて、やっぱりいつ来てもハウステンボスは楽しい〜〜!

check! 先進技術を導入しながら、ワクワクと心地よさが追求された世界初のロボットホテルです。フロントの恐竜さんも、ちゃ〜んと日本語で通じますからご安心を。室内も清潔で、リラックスできるオリジナルのガウンタイプのパジャマもいい感じ!ハウステンボスへの行き来も簡単にでき、快適に過ごせます。
詳しくはこちら

Travel Plans

1日目