ふんわり、春がすみのまちに恋をして

長い冬を終え、いよいよ春がやってきました。
ふんわり霞む空に薫るのは、花の香りに潮の香り。
春の陽気に誘われて、今回もかえにゃんが佐世保・ハウステンボス旅へと出発です。

SKE48 チームE
池田 楓(かえにゃん)

AKB48グループ系列の、名古屋市・栄を中心に
活動するSKE48のチームEに所属中。佐世保で生まれ育ち、2021年11月には、佐世保の観光PRのスペシャリストを認定する「『海風の国』観光マイスターシルバー検定試験」に、2022年1月には「ゴールド検定試験」に合格!“佐世保名誉観光大使”になることが、将来の夢のひとつ。

春一色に染まる『フラワーロード』と
『フラワーパサージュ』をお散歩

かえにゃんがまず最初にやってきたのは、春色に染まるハウステンボス。現在場内では2022年5月6日まで、「フラワーフェスティバル 花の街の祝祭」を開催中です。 風車と運河を一望に収める『フラワーロード』では、見事なチューリップの絨毯が広がっていました。佐世保出身で、昔からハウステンボスに慣れ親しんできたかえにゃんは「ここに来ると、 春がきたなあって感じます」と感慨深げ。花かんむりをつけて、今年から新登場のフォトジェニックな白いブランコで早速パシャリ♪ また、四季折々の花がショッピングストリートを飾る『フラワーパサージュ』では、チューリップやカーネーションといった春の花々が幻想的なアートを形作っていました。 どこを見ても色が溢れた世界は、あまりにロマンティックです。

ハウステンボスでは、カラフルなフラワーアイテムが発売中!かえにゃんが身につけている「花かんむり チューリップ」1,600円を始めとして、手元に花が咲いたような「フラワーリング」600円、 顔まわり華やぐ「フラワーマスク」700円など、さまざまなご用意が。部屋に飾れば旅の想い出にもなるので、春のフォトジェニックアイテムをこの機にひとつ手に入れてみてはいかが?

>>>詳しくはこちら

新生ちゅーりーも登場!
春到来の歓びに沸くパレードは必見

アムステルダムシティを歩いていると、通りにひときわ賑わう行列が。よく見れば、春到来の歓びに沸く『フラワーパレード~ようこそ 花の街へ~』のお出ましです! 生花に飾られたパレードカーから手を振るのは、30周年を記念して新しい姿となったハウステンボスのマスコットキャラクター・ちゅーりーと、テディベアのお友達のルークとルーナ。 これにはかえにゃんも「ちゅーりーちゃんだ〜!」とテンションアップ♪チームエキサイトの軽やかなダンスも相まって、観客からは笑顔と歓声が溢れていました。 こんなに“春の歓び”をぎゅっと集めた場所は、ハウステンボスのほかにはちょっと見当たらないかもしれません。

『2022年3月25日に30周年を迎えるハウステンボスでは、3月19日〜21日と3月25日〜27日の期間中、スペシャルバージョンのフラワーパレードが開催されます。 ちゅーりーはもちろん、エンターテイメントチームの「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」、「レビュー HTB 天鼓」、「チームエキサイト」が一堂に会した豪華さは必見! 他にも花火やセレモニーなどのアニバーサリーイベントが予定されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>>詳しくはこちら



一緒に踊れば心も晴れやかに♡
春の訪れを祝う『メイポールダンス』

アムステルダムシティで今季開催されているのは、『メイポールダンス』。 柱の周りを踊りながら柱にリボンを編み上げていくこのダンスは、もともとヨーロッパで春の訪れを祝い、豊穣を願うために生まれたもの。 カラフルな民族衣装に身を包んだ「チームエキサイト」が約15分の間、アップテンポの音楽に合わせて軽快なダンスを披露します♪ なかにはダンサーの掛け声によって、会場一体となって振付を楽しめる一幕も。「ひらいてパー、ひらいてパー、お花を作ってまわしてパンチ♪」 リズムに合わせて踊れば最初の気恥ずかしさもどこへやら、春到来のワクワク感で胸がいっぱいになります。 ダンサーたちに負けず劣らずキレキレな、ちゅーりーの身のこなしにもご注目あれ!

「メイポール」は、直訳すると“5月の柱”。ローマ神話の中には豊穣を司るマイアという女神がおり、 マイアの祝日が5月1日であったことから同時期に祭りが開かれるようになったのだとか。 古代ローマの伝承がこうして今も形を変えながら残っているかと思うと、ちょっぴり神秘的な気持ちになりますね!

>>>詳しくはこちら

想い出を詰め込もう!
季節の花々を使った
『ハーバリウムづくり体験』

旅の想い出をつくるには、“体験できて持って帰れる”お土産づくりが一番! ということで、アムステルダムシティにある『アンジェリケ』で、ハーバリウムづくりに挑戦することに。 数種類あるボトルとフラワーキットの中からお気に入りを選んだら、あとは見本を参考にしながら、ピンセットでボトルの内側に花々を配置していくだけ。 配置が決まったら、ボトルに保存液を注ぎ入れて完成! かえにゃんの感想はというと? 「ずっと作ってみたいと思ってたから今日体験できてよかった!センスがあるか心配だったけど、先生もいるし、キットもあったので素敵な作品になりました♡」とご満悦。 配置の過程にはちょっとしたオリジナリティを表現する楽しさもあるので、思い入れのある作品となること間違いなし!ですよ。

『ハーバリウムづくり体験』で選べるボトルサイズは3種類。小・中・大とご用意があり、それぞれに体験料金が異なります(小1,000円、中1,500円、大2,000円)。 他にも、カラフルなバラを贅沢に使ったスペシャルな「レインボーペタルハーバリウム(バラ)2,500円のご用意も。所要時間は早い人で20分、 こだわり派の人で1時間以上とさまざまなので、挑戦したい人は多めに時間を見積もっておくと吉。

>>>詳しくはこちら

甘酸っぱさにキュン♡
「帰ってきたスリーベリーバーガー」は
要チェック

春気分の高まるグルメといえば、いちごを使ったスイーツですよね♪ 『ソーセージワーフ』からは、昨年好評を博した“スリーベリーバーガー”がカムバック! いちごに飾られたショコラドームに熱々のベリーソースをたらしたら、溶けたドームの中から別のベリーがお目見え♪ サクサクのパイ生地を切り分けて、いただきま〜す! ひと口運んだかえにゃんからは「ん〜!ん〜ふ〜!(おいし〜!)」と、言葉にならない喜びが(笑)。 生クリームとチョコレートのデコレーションから想像していた甘さはなく、ベリーの甘酸っぱさが効いた爽やかな逸品でした。 お腹と心が幸せで満たされたら、午後もお散歩する元気が湧いてきそう!

“ご飯も美味しいテーマパーク”なハウステンボスでは、旬のグルメ巡りもお楽しみのひとつ。 フラワーフェスティバル開催期間中の5月6日までは、上記に紹介した「帰ってきたスリーベリーバーガー」800円をはじめとして、 場内のさまざまな場所でいちごを使ったグルメを提供中。福岡県産「あまおう」を使った「いちご姫ソフト」や 優雅な「苺のアフタヌーンティーセット 」など、見逃せないグルメが目白押しです!

>>>詳しくはこちら

夜のチューリップ畑はこんなに艶やか!
フラワーロードの先に現れる
『光のチューリップ』

ハウステンボスには、陽が落ちてからもチューリップが楽しめる仕掛けがたくさん。 日中に訪れたフラワーロードまで足を伸ばしてみたら、イルミネーションに飾られた風車とライトアップされたチューリップ畑がいっそう艶やかにおめかししていました。 「昼間とまったく雰囲気が違って、二度楽しめちゃいますね!」と、かえにゃんも感動。フラワーロードからさらに出国ゲートの方へと進んでいくと、次に出逢ったのは『光のチューリップ』。 あれ?よく見ればこのチューリップ…?? そう思った瞬間、音楽が辺りに鳴り響き、いっせいに花びらがピカピカ光り出すチューリップたち! まるで機械仕掛けの国の花畑を見ているような光景は、不思議な感覚になること間違いなし。ぜひ一度、ご自分の目で体感してみてくださいね。

チューリップのライトアップ(「ナイトチューリップ」)の開催期間は4月10日までと、フラワーフェスティバル終了日よりやや早め。 チューリップの見頃が終わると、ハウステンボスの街並みは麗しいバラに彩られはじめます。 春夏と、美しい花々に飾られた季節が楽しめるので、ぜひ二度に分けて足を運んでみて。

>>>詳しくはこちら



やっぱり映えも押さえなきゃ!おとぎの国に迷い込んだような『フラワータウン』で記念写真を

どこを撮っても写真映えするハウステンボスですが、今季はよりいっそうフォトジェニックな魅力に特化したスポット『フラワータウン』がお目見え! 三角屋根の建物が並ぶ広場に、花の咲く小道や大きなフラワーツリーなどが飾られた光景は、まるでおとぎの国に迷い込んでしまったかのよう。 より“映え”を狙うなら、花かんむりや明るい色のワンピースなど身に着けるアイテムもカラフルなものにすると、写真全体の彩度が上がってGOOD。 また、夜に訪れれば、アートの浮かび上がるライトアップや花模様のプロジェクションマッピングも楽しむことができますよ。

『フラワータウン』が設置されているアトラクションタウンのすぐ側には、同じくフォトジェニックスポットとして有名な『アンブレラストリート』が。 フラワーフェスティバルの開催に合わせ、通りを飾る約700本のものアンブレラも、カラフルな春バージョンに衣替えしています。 ぜひ併せてチェックしてみては?

>>>詳しくはこちら

まばゆく輝く春の夜。
『光の王国』で醒めない夢を見よう

少し肌寒いくらいの春の夜ーー。 花の香りに包まれながら、まばゆく輝くイルミネーションの中をお散歩なんて、とってもロマンティックな過ごし方だと思いませんか? 1,300球の光に包まれる夜間のハウステンボス『光の王国』では、至るところで幻想的なライトアップが開催されています。 とくに音楽に合わせて噴水が七色に躍るショー『ウォーターマジック』は感動必至! これにはかえにゃんも「めっちゃすごい!魔法にかかったみたい!」と大興奮です。 壮大な蒼の世界が愉しめる『光の滝』も、今季は花びら舞うロマンティックなデコレーションにおめかししており、眺めているだけでふわふわと夢心地に。 最後まで、醒めない夜を魅せてくれるハウステンボスでした

ハウステンボスへ訪れたくなった方に、ちょっとした朗報♡ ハウステンボスでは5月6日まで「フラワーフェスティバルSNSキャンペーン」を開催しており、場内で撮った春の写真を指定のハッシュタグ付きでSNSに投稿すると選べるプチギフトが貰えてしまうんです! さらに、ちゅーりーを見つけて撮影・投稿すると抽選で「ホテルアムステルダム フラワールーム宿泊券」の豪華賞品が貰えるチャンスまで。 ぜひ“魂の一枚”を投稿してみてくださいね!

>>>詳しくはこちら

Travel Plans

1日目