メニュー



見どころ

これほどのピカソには、
もう出会えない
かもしれない。

ハウステンボスだけの単独開催

今回の展覧会は、他の美術館などでの巡回展示はおこないません。

初期から晩年まで多彩な作品

油彩画だけでなく版画や彫刻、陶器などピカソの作品世界を一望できる展示構成となっています。

写真に残された天才の素顔

制作現場や家族と過ごす時間など、写真を通じてピカソの人間的な側面もご覧いただけます。



概要

ピカソ(Pablo Ruiz y Picasso)

1881年にスペインのマラガで生まれた世界的な画家パブロ・ピカソ(Pablo Picasso/1881-1973)は、その生涯で1万点を超える油絵・デッサンを残し、10万点にも及ぶ版画、その他数百点の彫刻や陶器作品を制作するなど、非常に多作な芸術家として知られており、20世紀美術の巨匠として今なお多大な人気と影響力を誇ります。 彼は1973年、91歳でフランス南部のムージャンで亡くなるまで、旺盛な探求心と好奇心を持ち続け、「青の時代」「バラ色の時代」「キュビスムの時代」「新古典主義の時代」等様々な作風を生み出しました。このような様式、内容、技法のそれぞれにおける溢れんばかりの豊かな表現こそが、ピカソが生涯に生みだした全作品の特徴といえます。 本展ではドイツ・ケルン市の大聖堂に隣接し、ルートヴィヒ夫妻によって収集・寄贈された世界最大級のピカソ・コレクションを有しているルートヴィヒ美術館が所蔵する貴重な油彩画や、版画、ブロンズ、陶器、マン・レイら著名な写真家によるピカソのポートレートなど日本初公開を含め約100点のピカソ作品をご紹介いたします。また、彼の友人であり同郷の詩人ラファエル・アルベルティの娘婿である写真家ロベルト・オテロが撮影した様々なピカソの写真もご紹介いたします。ピカソの家に自由に出入りできた彼だからこそ、創作に没頭する姿や家族と過ごす幸せ溢れる一瞬の表情など、20世紀の巨匠ピカソの人間としての姿とらえることができたのではないでしょうか。ぜひ、この機会に約80年におよぶピカソの芸術における情熱の一旦を感じていただければ幸いです。



注目作品

「手を組んだアルルカン」
1923年
ピカソ初期の名作。

「グラスとカップ」
1910/1911年
新たな表現の模索。革新的技法への挑戦。

「接吻」
1969年
ピカソ88歳。ひたすらに愛を描く。

「読書する女の頭部」
1953年
自由にして大胆。天才芸術家の充実期。

「鼻の壊れた闘牛士の頭部」
1901-1903年


開催概要
期間 2020年3月14日(土)~6月15日(月)
場所 パレス ハウステンボス
料金 パスポート対象
主催 ハウステンボス
後援 ドイツ連邦共和国総領事館、長崎県、長崎県教育委員会、佐賀県、佐賀県教育委員会、佐世保市、佐世保市教育委員会
企画協力 (株)ホワイトインターナショナル


開催概要

パレス ハウステンボス

歴史と芸術。木立と庭園。
すべてを忘れ、
アートなひとときを。

オランダ王室の特別の許可のもと、ベアトリクス前女王陛下が住む宮殿外観を忠実に再現。 ドーム型の壁画。17世紀・18世紀の調度品。バロック式庭園。そして、静かに流れる時間。歴史と芸術に包まれて、特別な一日をお過ごしいただけます。

パレスハウステンボス


ハウステンボス公式ホテル
Official Hotel

ホテルヨーロッパ

ピカソに出会う旅が、
いつまでも色褪せぬように。

19世紀オランダのインテリア。クラシックの旋律。ルーベンスの絵画をはじめとする美術品の数々。 ホテル全体を包み込む欧州の感性と優雅な時間が、ピカソに出会う旅を、さらに印象深いものにしてくれるはず。ピカソの世界に触れた余韻をそのままに、寛ぎの休日をお過ごしください。

ホテルヨーロッパ宿泊プラン


PageTop