コンテナガーデン・
ハンギングバスケット
コンテスト


一般公募による作品、各約40点を展示。街の広場や建物壁面を華やかに彩る作品の数々をお楽しみください。



コンテナガーデン部門


最優秀作品賞

Refreshing feeling

岩永 亮

金賞

Welcome to the rose festival.

濵小路 美登里


銀賞

熊本 美代子

銀賞

世界の平和を願う

山本 美千子

銀賞

情熱

佐々木 緑


銅賞

ウクライナに平和を!

福元 やちよ

銅賞

ひとやすみ

西日本短期大学
磯野 はづき

銅賞

スタンド

谷脇 秀士


入賞

癒しのハーモニー

杉尾 雅峰

入賞

ロマンチックローズ

金子 順子

入賞

花の時季

牟田 陽三
有限会社 生香園

エレガンス賞

母への贈り物

吉田 真紀

アイデア賞

春の風

中川 達也

アイデア賞

Challenge ~挑戦~

古場 恵理

オリジナル賞

Lekker! 美味しい!

藤井 絵梨

次世代応援賞

西日本短期大学
髙岸 優那


ハンギングバスケット部門


最優秀作品賞

ようこそバラ祭へ

濵小路 美登里

金賞

小さな花園

権藤 良枝


銀賞

dolce.(柔らかな)

花元 希

銀賞

花のワルツ

石川 信子


銅賞

バラの微笑み

八尋 光子

銅賞

バラの香りに誘われて

吉岡 由美子

銅賞

カフェの窓

林 真智子


入賞

祈り

吉田 真紀

入賞

バラに希望を託して

福元やちよ

入賞

のびやかに

吉松晃子

入賞

光あふれて

福間かすみ

入賞

wish for peace

Zia Carina
峯 ひろみ

入賞

バラの香りに誘われて

宮崎 あさみ

入賞

しなやかに

吉松 晃子

エレガンス賞

春風に誘われ

牟田 陽三
有限会社 生香園

オリジナル賞

Квiткова пропозицiя(献花)

Zia Carina
峯 ひろみ


審査員総評

全体総評
審査委員長 佐藤 勇武

■総評
「審査に当たっての要点」
●コンテナやハンギングはそれに使う資材に、フオーカルポイントを定めて植物を植えれば充分である、と考えるだろうがそうではなくて、アイデア・センス・テクニックを駆使し、最高の花装いの状態を、ハウステンボスで如何に展示するかという制作心が大切です。
審査では以上の要点を軸に、意匠・エージング・プロポーション‥等の、作品に表されたデザイン原理や植物活性、さらには品性をも直に感じながら、審査基準の細目に照らして評価しました。
●今後、より良い作品制作のためには「持っている感性は磨いてください…美品をたくさん観て目で磨いてください」。これ常時肝要の心得です。

■作品評価
「受賞作品」について
●日本初のコンテナガーデンコンテストが行われた、2002年9月の「ガーデンカナールコンテスト」の審査委員に携わってから、20年を経て迎えた今回の「バラ祭2022」の「受賞作品」には、前記要点を総合的に踏まえた作者の優れた造形性が表現されていました。

「受賞作品以外」について
●ハウステンボスに展示するという意識が薄く、市街地の駐車場や公園、町の商店街や旅館、家の玄関先などに適合するような作風が多々ありました。
●次回出展に際しては、ハウステンボスという西欧的な夢のある娯楽性の高い空間に、展示するのだという方針と、コンテストの意味する「競う」という意志を含み入れた、エネルギッシュな作品の応募を期待しておりますので、よろしくお願いいたします。



コンテナガーデン総評
審査員 藤原 良治

 今年のコンテストは審査前日からの強風、豪雨という悪天候の中での設置となり、出展者の方々においては気の重い苦労の絶えない出展になったのではないかと感じております。
 そのような悪天候の中でも植物が落ち着いて根張りのしっかりしている作品は強風の中でも安定感があり元気さと勢いがあると感じました。
 コンテナガーデンにおいてはオーソドックスなものから個性的なものまで様々なスタイルの作品が出展され、出展テーマであるバラの取入れは入手からの組合せを考えると頭を悩ませる部分であったのではないかと思われます。
 コンテナガーデンでは器となる部分がとても重要なアイテムとなります。よって器の選定は周りの景色(風景)との相性、テクスチャー(風合い)の統一性、風格、空間のバランスなど様々な点において配慮や気遣いが求められます。また、それと並行してメインでもある植物選定も行っていきますが、植物の色合いや雰囲気、器とのバランスなど自分のイメージやテーマに合わせて将来的な生育状況を想像しながらアレンジを行わなければなりません。
 そして、この組み合わせ作業がコンテナガーデンの楽しさであり、その後の生育により想像を超えた美しさのハーモニー(風情)が醸し出されるところが魅力的なところであると感じます。
 今回の最優秀作品賞の作品はバーベキュー台を再利用したユニークな作品でありますがその土台はお花を引き立たせるための細かな処理(お洒落さを感じさせる処理)がなされ、重たいはずの器が軽やかに感じられ、なおかつ安定していました。また、お花の演出も軽やかで落ち着きがあり、色の組み合わせも空間の雰囲気にマッチしており、トータル的にバランスの良い店先に飾りたくなるような作品でありました。


ハンギングバスケット総評
審査員 石井 康子

 今回のハンギングバスケットも、ハウステンボス中心部に位置するアムステルダムシティの建物壁面(レンガ張り)に展示されました。ラティスに作品を掛けるコンテストが多い中、このコンテストでは、ヨーロッパの街並みに作品が飾られており他には見られない素敵なコンテストです。
 審査当日は風雨が強い中、作品にとって厳しい天候となり、育成期間、基礎技術力が表れる結果となりました。バラを植え込むハンギングバスケットは難しいので今回も苦労されたことと思います。
 審査は下記の基準で行いました。①植物が生き生きとしているかどうか。②植え込み密度が多過ぎて息苦しくないか。③花の種類、花色を使い過ぎず、カラーハーモニーが美しいか。④植え込み技術と育て方。⑤フォーカルポイントの有無。
 出展作品の全体的に良かったことは、次の事柄です。①建物壁面のレンガを背景にハウステンボスの街並みに合う作品が多くなったこと。②テーマを表現するフォーカルポイントを意識した作品が増えたこと。③時間をかけて育てた作品が多く、育成技術のレベルアップにつながったこと。
 高得点の作品は、テーマに合う花色の調和がとれており、花、葉っぱの大きさ、形、テクスチャーを組み合わせて素敵に仕上がっていました。
 今回の審査を担当させていただいて感じた事は、風雨が強い環境でもしっかり根を張り育った植物は、元気な「いのち」を感じる「生き物」であることです。今後の作品も息苦しくない心地よい空間演出を考慮して作っていただきたいと思います。

※原文そのまま
※敬称は略


ハウステンボス公式アカウント


PageTop