メニュー

アトラクション

一覧に戻る
アミューズメント

ゲームミュージアム

パスポート対象
雨の日OK
利用制限あり
小さなキッズも楽しめる
妊娠中の方ご利用可
車椅子の方ご利用可
ファミリーで楽しむ
友人同士で楽しむ
カップルで楽しむ
ハーバータウン
エリア
ハーバータウン
料金
パスポート対象 ※一部有料
営業時間
【9月】 休館
キャラクタースタジオ

ゲームの今を全身で楽しもう!

ゲームから生まれた「スター」キャラクターの世界観を体験しながら遊べるコーナー。
“巨大スマホ”でプレイするパズルゲームや、カラダを思いっきり動かして遊ぶプレイゾーン、ゲームの中に入り込んだような写真が撮れるスポットまで、全身でゲームの世界へ飛び込んじゃえ!

ゲーム機ヒストリー 1972-2019

家庭用ゲーム機が60種!

二度とお目にかかれないかもと思うような草創のモノから最新機まで、“家庭用ゲーム機の歴史”を見て学びながら一部試遊もできるコーナー!

【1972年】 世界初のゲーム機

ODYSSEY(1972)
カラーテレビゲーム15(1977)ほか

【1977年】 ゲーム機の夜明け

Atari 2600(1977)、ゲーム&ウオッチ(1980)、インテレビジョン(1982)、ぴゅう太(1982)、SG-1000(1983)ほか

【1983年】 8ビットの時代

ファミリーコンピュータ(1983)、セガ・マークⅢ(1985)、PCエンジン(1987)ほか

【1988年】 16ビットの時代、そして携帯ゲーム機登場

メガドライブ(1988)、ゲームボーイ(1989)、スーパーファミコン(1990)、ゲームギア(1990)、NEO GEO(1991)ほか

【1994年】 様々なゲーム機の登場

セガサターン(1994)、PC-FX(1994)、PlayStation®(1994)、バーチャルボーイ(1995)ほか

【1996年】 64ビット機の時代と高性能携帯ゲーム機席巻

NINTENDO 64(1996)、ゲームボーイカラー(1998)、ドリームキャスト(1998)、ネオジオポケット(1998)ほか

【2000年】 ゲーム機のさらなる成熟

PlayStation®2(2000)、ゲームボーイアドバンス(2001)、Xbox(2002)、ニンテンドーDS(2004)、PSP(2004)ほか

【2006年~】 新世代ゲーム機の時代

PlayStation®3(2006)、Wii(2006)、ニンテンドー3DS(2011)、Wii U(2012)、PlayStation®4(2014)ほか

© TAITO CORPORATION 1978 ALL RIGHTS RESERVED.
© BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
© CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
© SEGA
© Sony Computer Entertainment Inc.
© LEVEL-5 inc.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
© SUSUMU MATSUSHITA ENTERPRISE


PageTop