ハウステンボスブログ

2011年10月10日 |コメント(1)

GWCレポートVol.12「一般投票の表彰式がありました」

こんにちは。
GWCが始まって3日目の本日は、一般のお客様による人気投票による「ピープルズチョイス賞」の表彰式が行われました。
この賞は、10/7~9の3日間、実際に来場されたお客様より人気投票を行いその結果を発表するものです。

一般投票表彰式

審査講評で、「今年の作品の審査はとにかく甲乙決め難い作品ばかりで、どれも素晴らしい作品ばかり。そんななか一般投票で選ばれた作品もぜひ注目いただきたい」というメッセージが伝えられたあと、
いよいよ投票の結果が発表されました。

結果は・・・
ショーガーデン部門 石原和幸さん(日本)、そしてスモールガーデン部門は、上戸則幸さん(日本)が選ばれました。

石原氏

石原和幸さん「本当に皆さん、ありがとうございます。この「ガーデニングワールドカップ」という素晴らしい大会が、次回もそして、その次も永遠と続いていく大会となることを願っています。
 

上戸氏上戸則幸さん「このような賞をいただけるとは思ってもみませんでした。私1人の力でこのような賞をいただけたのではなく、作品の完成に協力いただいた人、そして、ここに訪れてくれたたくさんのお客様のおかげです。」


また、当初予定はしていませんでしたが、イギリスのジョナサン・デンビーさんが、もっともホスピタリティあふれたガーデナーということで、特別に「ホスピタリティ賞」を受賞されました。彼は、開幕後1日中といってよいほど、自分の作品の前に立ち、作品の説明やピクチャーサービスを行い、常に来場するお客様をおもてなししていました。その姿に感動しガーデニングワールドカップ協議会より特別賞が贈られることになったのです。

ジョナサン・デンビー


また一般参加のコンテストとして募集した「コンテナガーデンコンテスト」「ハンギングバスケットコンテスト」の結果発表も行われました。
最優秀賞(長崎県県北振興局長賞)として選ばれたのは、コンテナガーデンの部門、石井康子さん「秋草の詩」、ハンギングバスケット部門、黒瀬恵子さん「秋色の風」でした。また、副賞として、平成24年に長崎で開催される全国和牛共進会長崎大会にちなみ、美味しい長崎和牛も贈られました。


石井康子さん
石井康子さん

黒瀬恵子さん
黒瀬恵子さん

 

表彰式の最後には、受賞者たちがステージに集まり記念撮影。

受賞者集合写真

ガーデナーによる作品の展示は、11月6日まで、コンテナガーデン・ハンギングバスケットは10月16日まで行っています。
ぜひ、この素晴らしい芸術的な作品の数々をお楽しみください。

(写真・文/広報宣伝 野中)

コメント(1)

秋花2011年10月25日 15:46

受賞者の皆さん、おめでとうございます。
さすがプロの方々は違いますね!

ほかの一般のエントリーされた方の作品は見られないのですか?
県外からもたくさんの知人が出品したと聞き、知人たちも自分の作品が
どのように設置されているのか、楽しみにしているようです。
現地へ行けないので、紹介していただけませんか?

ニックネーム
コメント

ページTOPへ

携帯からのアクセスはこちら
QRコード

携帯・スマートフォンからもご利用可能です。 QRコードが読み取れる携帯電話又はスマートフォンをお持ちの方はご利用ください。

  • ブログフィード配信(RSS2.0)
  • ブログフィード配信(ATOM)