コンベンション

コンベンション

「ハウステンボス」では4つのコンベンション施設を準備。国際会議並みの大プロジェクトから、展示会やファッションショー、会社の研修や式典など、プログラムに合わせて、会場をセレクトしたり、立食パーティーや軽い喫茶の準備など、さまざまな要望への対応が可能です。

ハウステンボスの中心に位置するのは『タワーシティプラザ』。最大1,000人までのシンポジウム、タワーシティプラザ一帯を利用した約700人の立食パーティーにも対応。ファッションショーや展示会などでも使用できます。分科会が必要な国際会議などでは、人数に合わせて7種類から選べる『タワーシティプラザ会議室』が準備してあります。

コンベンション

ホテルヨーロッパには独立棟のバンケットホール『レンブラントホール』を設置。立食で約400名を収容し、人数に合わせて分割しての使用も可能です。17世紀のオランダを代表する画家レンブラントの名を冠すだけあり、重厚で、豪華さと気品にあふれた内装が荘厳さを演出します。

コンベンション 一風変わった会議や発表会なら、日本初の双胴型レストラン船「デ ハール」での船上パーティーがオススメ。マホガニー材を多用した船内はクラシカルで落ち着いた雰囲気で、まさに海上の迎賓館です。ハウステンボスの美しい街並みや大村湾の風光明媚な景色が、発表会やパーティーに華を添えます。 コンベンション
コンベンション

より大きなプロジェクトには、ハウステンボスに隣接した『JRAゲルックホール』がオススメ。劇場型座席1,600席と最大の大きさを誇ります。ホール観覧席は4階まであり、コンサートホールを彷彿させる佇まいは圧巻です。

ご利用に関するお問合せは

ページトップへ