ハウステンボス マリーナ
ハウステンボス マリーナ
ハウステンボス マリーナ
ハウステンボス マリーナ
ハウステンボス マリーナ

ご挨拶

平成23年4月1日より、ハウステンボスマリーナの県有化に伴いマリーナ及び港湾区域の管理運営をハウステンボス㈱が指定管理者として運営することになりました。私共は公共マリーナとして、施設の平等な利用とサービスの向上に努め施設の一層の利用促進と海洋レクレーション活動などの賑わいの創出を図るべくスタッフ一同、明るく、元気に取り組んで参りますので今後ともどうぞよろしくお願い致します。

心から海を愛する大人のための施設

大村湾に面し、運河を擁したハウステンボス。
その歴史、現在のあり方、そして未来への展望まで、海と船の関わりなくして語ることはできません。お客さまを海からお出迎えし、また送り出す。それが日常となっている今、ここに本格的マリーナをつくることは必要不可欠であったといえます。

幸いにも湾の中の入江に位置し、外洋の影響が少ないため「波が立たない」「干満差が少ない」など、保管の安全が図れるのが特徴で、全国でも芦屋、蒲郡と並ぶ有数のマリーナとして評価されています。加えて近海には九十九島や五島列島が連なり、美しい島々の風景を楽しめます。

さらにここでは日本で初めての本格的海上係留方式を採用しました。
船を係留するバースは、最大50ftを超える大型外洋船まで対応しており、
30ft~50ft合計で140隻の船を収容する事が可能です。
また、係留中は船の清掃や艤装、エンジンチェックなどを受け付けており、修理工場「クロムハウト」ではFRP船を対象にした、エンジン修理から計器の調整、船体破損修理、艤装まで多種多様なご要望にお応えできるようになっています。

ただ停泊するだけでなく、文化が生まれるような格式あるマリーナでありたい。ハウステンボスが誇るサロンのようなマリーナで、優雅なマリンライフをご堪能ください。

ハウステンボス マリーナ イメージ

ハウステンボス マリーナ イメージ

ハウステンボス マリーナ イメージ

weather news

YOUTUBE